レーシックのいい病院と悪い病院

セカンドオピニオン

セカンドオピニオン

セカンドオピニオンとは、直訳すると第二の意見で、主治医以外の医師から意見を聞く行為のことです。

 

医療ミスによる被害を扱ったニュースやテレビ番組などを通して、この言葉を耳にした方は多いのではないでしょうか。

 

アメリカではあたりまえに行われていたセカンドオピニオンですが、最近では日本でもこの習慣を利用する患者さんが増えてきています。

 

また、患者だけに限らず、医師のあいだでも正しい判断を確認できるという理由で、セカンドオピニオンに賛成という声が多く上がっているようです。

 

セカンドオピニオンの一番大切なことは、主治医との信頼関係を結ぶことです。

 

そのため、セカンドオピニオンの正しい受け方としては、その旨をしっかりと主治医に伝えることにあります。

 

主治医に面と向かって、セカンドオピニオンを受けることを伝えるのは難しいと思っている方は多いですが、手術に対する不安を理解してくれている医師なら、あなたの行動に変な顔はしないでしょう。

 

一生つきあっていく大事な目を手術するのがレーシックなので、自分で納得して治療を受けるために、セカンドオピニオンを受けることは非常に大事でしょう。

No Match Data!

最新ニュース

  • YAHOOスポーツ・・・サッカー、野球、ゴルフ速報
  • YAHOOニュース・・・ニュース速報
  • YAHOO地図・・・地図の検索、ロードマップ
  • YAHOO天気・・・最新天気情報

  • ホーム RSS購読 サイトマップ
    HOME 認定資格の有無 経験と実績の評価 事前説明の重要度 病院の雰囲気 セカンドオピニオン